競艇場で働くことになりました。 その1

私が独身時代、派遣会社を通じて競艇場で働いていました。競艇場の運営は市営になります。私が行っていた場所は、市の職員、公務員が働いていた場所なのです。船券売り場のおばさんたちや、監視室にいる人。そして開催日は一カ月約15日開催。それで良い給与・ボーナスを頂く、公務員は年功序列ですので、おのずと知れていると思います。そんな状態の運営費、人件費がかかりすぎです。そこで派遣会社など一般にも仕事をどんどんおろしてきて、私も働く事ができたのです。しかし、私たちが入ることになった場所は、以前公務員で時給計算すると恐ろしく高い時給で働いていた、もうすぐ定年の方々。仕事の引き継ぎもまったく教えてくれませんでした。それはそうです、自分たちの居場所がなくなるわけですから。そして私たち派遣は6人でシフトを組みながらこなしていた仕事を、12人で行っていました。その場所の裏には給湯室があるのですが、そこには大量の大きな業務用のお鍋や調理器具、調味料。

マスターズの競馬で勝とう!

石垣 ツアー 観光

沖縄 ダイビングショップ料金

人気口コミ家事代行 大阪

釣具買取専門店ウェイブ